1. ホーム
  2. 椎間板ヘルニア

椎間板ヘルニア

椎間板ヘルニアでお悩みの方へ

こんな方は要注意!!

  • くしゃみ、せきで・・・腰がズキッ!
  • 朝、腰が痛い!
  • 腰が曲がったまま伸ばせない・・・
  • なんだか下半身が痺れて来た・・・
  • よくギックリ腰になる

身に覚えがありませんか?
椎間板ヘルニアを治す方法は手術だけではありません。
整体やカイロプラクティックでも痛みや痺れを改善させることが出来ます。

ヘルニア治療に大切なのは

◆あなたの腰痛の原因が本当にヘルニアからきているのか
◆あなたの椎間板ヘルニアが今どのような状態なのか
を見分けることです。
またヘルニア治療では腰椎と椎間板の関係だけでなくシビレや筋肉の脆弱化を治していく事もとても大切になってきます。
椎間板ヘルニアは軽度であればあるほど治療にかかる期間が短く再発もしにくくなります。

椎間板ヘルニアとは?

人間の背骨は椎骨という骨が積み木状に積み上がって出来ています。
そしてその椎骨ひとつひとつの間に椎間板という軟骨が存在します。
椎間板ヘルニアとは習慣的な姿勢不良や過負荷作業、衝撃により破損し、椎間板が膨隆(膨らむこと)や中から髄が飛び出してしまった状態をいいます。
そして飛び出た髄核が神経を圧迫することにより、激痛やしびれといった症状が発生するのです。
人間の背骨は神経が集中している従来とても繊細な部分です。神経は人間の動きや働きを制御する大切なもの。ヘルニアで重篤な方が下半身麻痺などに陥ってしまうのはそのためです。

なぜ椎間板の損傷が起きるのか?

◆慢性的姿勢不良
◆過負荷作業
◆事故、スポーツ等の脊椎への急激な負荷
からだ工房ホープOfficeでは、痛み・シビレの改善を一番の目標としてヘルニアの程度に合った施術とご自身でのケアを指導させて頂きます。

ヘルニアの見極め

ヘルニア治療では痛みの原因が本当にヘルニアにあるのか、現在ヘルニアがどのような状態にあるのかをきちんと把握することが非常に重要です。なぜなら痛みの症状が同じでもヘルニアによって痛みや痺れが引き起こされているとは限らないからです。またヘルニアでも症状が出ない場合もあるのです。症状の見極めを付けることは当たり前の事ですが、実際見分けるためには沢山の知識と経験、高度な触診技術が必要となります。

自身で行うケアの必要性

施術で改善されてきた痛み・痺れをより効果的に回復させること。また今後の再発防止の為にセルフケアは非常に有効なものです。からだ工房ホープではひとりひとりの程度にあったヘルニア改善プログラムを組み、個人に合ったプログラムエクササイズをご指導させて頂きます。