1. ホーム
  2. ホープの整体
  3. 骨盤と整体

骨盤と整体


「骨盤矯正」や「骨盤調整」という言葉を耳にすることは多いと思います。しかし実際、骨盤について知っている人は少ないのではないでしょうか?

女性の悩みと骨盤は深く関係しています


さまざまな症状が、実は骨盤が「歪む(ゆがむ)・ズレる・傾く・開く」などが原因で起こっている可能性があると考えられています。

腰痛・便秘・下痢・生理痛・不妊・肌荒れ

骨盤や骨盤に連動している腰椎が何らかの原因によって左右どちらかに、「歪む(ゆがむ)・ズレる・傾く」と、「生理痛・不妊・肌荒れ・腰痛・便秘・下痢」などの症状が出やすくなります。

生理痛(生理不順)・不妊・肌荒れ

骨盤の中の仙骨の働きは女性ホルモンと深く関わっている骨ですので、この仙骨が歪んでいたりすると女性の生理的な問題が生じやすくなったり、肌荒れなどの症状が出やすくなります。

腰痛

骨盤と連動している「腰椎」が歪んだり、ズレたり、傾くことが、「腰痛」の大きな原因だと考えられています。
腰椎は5つの「椎骨」からなっており、常に腰痛がするのか?前後に曲げたときに腰痛がするのか?横に曲げたときに腰痛がするのか?立ったり座ったりする動作のときに腰痛がするのかによって、腰痛の鑑別ができ、原因が分かります。

便秘・下痢

便秘や下痢はいろいろな原因が考えられますが、骨盤が左右どちらかに傾いているために、大腸の機能が低下し、「便秘・下痢」の症状が出やすくなっている場合もあります。

冷え性・肥満・バストダウン・O脚・不眠

骨盤の腸骨は1日の間でも開いたり閉じたりしていますが、何らかの原因によって、広がりすぎて閉じにくくなったり、逆に閉じたままの場合は、「冷え性・肥満(下半身、顔のむくみ)・バストダウン・O脚(姿勢が悪い)・不眠」などの症状が出やすくなります。

冷え性

骨盤が開きっぱなしになると、腸骨で守られていた内臓が下垂してしまい、内臓の働きが低下するために冷え性になりやすくなります。

肥満(下半身、顔のむくみ)

骨盤は頭蓋骨の後頭部にある「後頭骨」と連動していますので、骨盤が広がっていると顔の骨格も大きくなったり、骨盤が歪んでいると顔の骨格までもが歪んでしまったりして、いつも顔がむくんで見えたり、顔が大きく見られてしまいます。
また骨盤が広がっていると当然ヒップ(お尻)も大きくなり、それに伴って下半身の肉も付きやすくなりますので、下半身太りになる可能性が高まります。
いくらダイエットしても下半身が痩せにくい方は、骨盤が広がっている可能性が高いといえます。

バストダウン

骨盤が広がるということは、骨盤の上にある肋骨が下がるということですので、当然バストも下がり気味になってしまいます。
いつまでも美しいプロポーションを保つためには、広がった骨盤をしめることも大切になります。

O脚・X脚(姿勢が悪い)

骨盤が広がると、骨盤に連動している「大腿骨」も開くこととなりますので、足も外側に向きやすくなり、「O脚・X脚」になったり、猫背など、姿勢が悪くなってしまいます。

不眠

骨盤が広がっていると上記のような症状が出やすくなりますが、逆に閉じたままの場合は「不眠・寝付けない」などの症状が出やすくなります。
人間の骨盤はリラックスしているときには骨盤が開き、逆に緊張したり頭を使っているときには骨盤は閉じています。
骨盤は1日の間で開いたり閉じたりしていますが、寝ているときにもっとも骨盤は開いていることが普通です。しかし「緊張・不安」などによって常に骨盤が閉じたままの状態だと、当然寝れなくなり、不眠へと繋がってしまうのです。
また常に緊張していることから、「怒りっぽい・いつもイライラしている」などの症状も出やすくなります。

骨盤の「歪み(ゆがみ)・ズレ・傾き」の原因

骨盤が「歪んだり、ズレたり、傾いたり」する原因はどのようなことが考えられるのでしょうか?

  • まだ骨盤が固まっていない子供の頃に外的から強い力が加わった(腰をぶつけたなど)
  • いつも同じ方の手で鞄(カバン)を持ったり、片方の手ばかりを使っている
  • 足を組むときにいつも同じほうの足を上にしたり、片方の足ばかりを使っている
  • 無意識のうちにいつも同じ方向を向いたり、変な姿勢で座るクセがある
  • 仕事などで長時間イスに座る生活を続けている
  • かかとの高い靴をよく履いている
  • いつも横向きや丸まって寝ている
  • 合っていない(小さい)下着を長期間付けている
  • 運動不足による筋力(腹筋力)低下
  • 老化(加齢)
  • 出産
  • ストレス

人間は気付かないうちに体の一方を集中的に使っている場合が多く、それこそが「骨盤の歪む」最も大きな原因だと考えられています。スポーツ選手などの、偏った筋肉の使い方も骨盤が歪む原因です。
いつも右側の手しか使っていないと思った方は、いまからでも意識的に左手を使うように心がけましょう。日頃のチョットしたことで骨盤の歪みが改善されることもあります。
また骨盤には様々な筋肉が介在付着しています。
代表的な筋肉は前面では「腹直筋・腹斜筋・腹横筋」後面では「広背筋・大殿筋・中殿筋」内部では「大腰筋・腸骨筋」によって守られていますが、運動不足や加齢などでこれらの筋力が低下すると、骨盤が開きっぱなしになって閉じなくなり、骨盤の腸骨によって守られていた内臓が下垂して、いわゆる「ポッコリお腹」「ぼってり尻」と言われる体型になります。筋力を少し鍛えることも非常に重要になります。

産後の骨盤矯正、「効果」はいつからいつまで?


妊娠中は自分の身体とお腹の赤ちゃんを守るために、どんな女性でも脂肪がついてふっくらとしています。しかし、産後に体型が戻らずに悩むお母さんはたくさんいます。特に母乳育児の影響で体重は元に戻っても、体型は戻らなかったというお母さんがかなり多くいるといわれています。産後の体型変化には、骨盤の歪みが大いに関係しているため、産後の体型を戻すためにも骨盤矯正はいつからいつまでにすればいいのか、効果と方法のススメです。
妊娠中に歪んだ骨盤は、産後3~4ヶ月かけて左右交互に少しずつ縮みながら、ゆっくりと元の状態に戻ります。骨盤は正常な位置に戻ろうとしますが、妊娠中に体のバランスが崩れていると正常な位置に戻りづらくなります。
また、横座りや椅子での足組み、猫背、授乳中にずっとあぐらをかいているなどは体を歪める姿勢なので、産後3ヶ月頃までにこれらの姿勢をとっていると骨盤をさらに歪ませる原因になります。

産後の骨盤と体型

女性の骨盤は赤ちゃんを産むために出来ているため、男性よりも関節が柔軟で幅が広くやや低めに位置しています。
また骨盤は1日の間でも開閉していますが、妊娠中はさらにこの開閉幅が大きくなり、出産が近くなるにつれて開く幅が大きくなり、出産時にもっとも開く(緩む)こととなります。
産後、開いた骨盤は通常であれば閉じ妊娠前の状態に戻るのですが、骨盤の開閉がスムーズに行かない人の場合は産後、骨盤が閉じきらず、骨盤が開いたままの状態となってしまい、「慢性腰痛・冷え性・肥満・背中の痛み・バストダウン・O脚・顔のむくみ」などの症状が出やすくなってしまいます。
特に「大きな赤ちゃんを産んだ」「高齢出産」の場合は、骨盤が元に戻るのに時間がかかる、または戻りにくいといわれています。
そこで骨盤が開いたままの場合は、骨盤をより良い状態に戻すことが大切になってきます。骨盤の歪みがその後の生活に深く関わってきます。

妊娠期の整体について

安定期に入られた妊婦さんであれば、整体をお受け致しております。
妊娠は病気や怪我ではないです。
妊娠期による体の変化、これは男性には無い女性特有の変化で、特に骨盤の広がりは人間の成長率から言っても異例です。
その成長に母体がついて行こうとし、カラダがバランスを取ろうと無意識のうちにする当たり前の反応で意識的には、「腰の痛み、脚のむくみ、肩こり、首コリ」などの反応を引き起こし辛さとして本人は認識してしまいます。
体の状態などお話を聞きながらお腹を下にする事無く、安全に施術を行います。
妊娠期の体のストレスを解消しお産に臨む事が、ことが心のゆとりをもたらします。

産後の骨盤矯正はいつから?

骨盤を戻すのも大切ですが、妊娠、産後と体力を使い果たしたお母さんの体力が、十分回復する事も大切です。
その事から考えると産後の骨盤矯正は、目安として産後3か月からがいいでしょう。
産後から来る体の不調をこの機会に見直してはいかがでしょうか。
ご気軽にご相談下さい。

歪みを自己診断してみましょう


一度、ご自身の骨盤の歪みをチェックして、歪んでいた場合はご相談下さい。長年悩んでいた症状が、実は骨盤の歪みが原因だったことも珍しくありません。

体の歪みチェック

チェック– A —
A-1 片方の目が大きい。
A-2 片方の眉毛が上がっている。
A-3 唇の端が左右のどちらかが上がっている。
A-4 鼻が左右のどちらかに曲がっている。
A-5 食事の際、片方の歯だけで噛む。
A-6 すぐに眼が疲れる。
A-7 よく頭痛がする。
A-8 アゴがカクカクする。
A-9 耳の高さが違う。
チェック– B —
B-1 肩の高さが左右で違う。
B-2 よく頬杖をつく。
B-3 よく腕組みをする。
B-4 ショルダーバックは、いつも同じ肩にかける。
B-5 カバンを持つ手は、いつも同じ。
B-6 腕が上がりにくい。
B-7 バンザイすると痛い。
B-8 上着を着ると肩の前にシワが出来る。
B-9 前にならえの姿勢で手を合わせたとき手の長さが違う。
チェック– C —
C-1 足の太さが左右で違う。
C-2 ズボンの裾の長さが左右で違う。
C-3 サイズがゆるめのスカートを穿いて歩くとスカートが回る。
C-4 バストの大きさが左右で違う。(女性のみ)
C-5 靴底の減り方が左右で違う。
C-6 仰向けに寝た際、つま先の開き方の角度が左右で違う。
C-7 横向きに寝る際、いつも同じ向きになる。(いつも左側が下など)
チェック– D —
D-1 足を組むと、いつも同じ足が上になる。
D-2 女の子座りをする。
D-3 横座りをするとき、足の向きがいつも同じになる
D-4 ズボンやスカートのベルトのラインが水平ではなく、片方が上がっている。
D-5 ズボンやスカートを穿くときは、いつも同じ足から穿いて、同じ足から脱ぐ。
D-6 生理痛がひどい
D-7 あぐらをすると片方の膝が立ってしまう
チェック– E —
E-1 ゴルフやテニスなど「道具」を使うスポーツをよくする。
E-2 ハイヒールをよく履く。
E-3 和式トイレにしゃがめない。無理にしゃがむと後ろに転ぶ。
E-4 和式トイレでしゃがむと、つま先の位置が左右で違う。
E-5 朝、フトンから起き上がりにくい。
E-6 オヘソの位置が中心からズレている。
▼▼▼▼「身体の歪み」チェック解説へ▼▼▼
「A」に複数該当した方は 「 首 」 の歪み。
「C」に複数該当した方は 「股関節」 の歪み。
「B」に複数該当した方は 「 肩 」 の歪み。
「D」に複数該当した方は 「骨 盤」 の歪み。
このチェックは、各項目にいくつ以上該当したらどこが・・・と言うわけではありません。
各箇所の骨格が歪めば、これらの事項が多く見られます。
肩こりの方はAとBに、また腰痛の方はCとDに該当数が多かったのではないでしょうか?
また、肩こりと腰痛の両方がある方や、腰痛が酷い方はA~Dの全般に該当数が多かったと思います。
最後のEですが、これは全身の歪みの方に多く見られます。
Eの項目に該当数が多い方は、A~Dの全般的に該当数が多かったと思います。

不調の原因チェック

「下がったヒップ」
お尻が垂れ下がり肥大化する。骨盤が横に広がります。
「下腹ポッコリ」
運動不足のなどの原因で骨盤内の靭帯や筋肉がゆるむ。
「猫 背」
骨盤広がり歪むと、支える背骨もバランスが取れなくなり姿勢が悪くなる。
「むくみ」
脊髄を通る各神経の働きが低下し新陳代謝も悪くなり老廃物が蓄積される。
「肥 満」
骨盤が開くことで内臓が下がる。代謝の低下で脂肪が蓄積される体質へ。
「便 秘」
骨盤が開くことで内臓が下がってしまうことで、腸を圧迫し活動を低下させる
「生理痛」
骨盤の歪みから卵巣につながる交感神経の働きが悪くなります。
「慢性疲労」
骨盤の歪みによって血流が悪くなり疲労物質が体内に蓄積される。
「肩こり」
骨盤の歪みが全身の血行が悪くさせ、筋肉が硬くなってしまう。
「腰 痛」
骨盤の歪みが坐骨神経を刺激し腰、太股の裏側や膝まで痛み痺れを起こす。

足の長さの違いによる症状チェック

主に身体の右側に歪みが多いか、それとも左側に歪みが多いかで、様々なことが分かります。足の長さは自分ではなかなか判断が難しいので、症状から歪みの目安を感じてみて下さい。
歪みチェック1でC2の「ズボンの裾の長さが左右で違う」にチェックされた方ですと、ご自分の左右の足のどちらが長いかお分かりでしょう。
人によって様々ですが、およそ下記のようなパターンがよく見られます。
【右足の長い方】
01. 横向きに寝るときは身体の左側が下になる。
02. 体格はポッチャリか、ガッシリしたタイプ。
03. 足を組んで座るときは、左足が上になる。
04. 胃腸は割りと強い(快食・快便)が、風邪をひきやすい。
05. 食欲もあり、料理は濃い味が好み。
06. スポーツで長距離を走るのは苦手だが、パワーはある。
07. ストレスに強い。
08. 朝の寝起きは良い。
09. よく汗をかく
【左足が長い方】
01. 横向きに寝るときは身体の右側が下になる。
02. 体格は割とスマートか、まれに肥満タイプかの両極端。
03. 足を組んで座るときは、右足が上になる。
04. 胃腸が弱く、下痢や便秘をよくする。
05. 食が細くて、料理はあっさりしたものや薄味が好き。
06. スポーツで長距離を走るのが得意。
07. ストレスに弱い。
08. 朝は起きるのが苦手。(冷え性・低血圧)
09. あまり汗をかかない。
10. カバンや物を持つのは左手が多い。
いかがでしたか?これは70%の方に当てはまると言われていますので、「ピッタリ当たってる」という方が多いのではないでしょうか。貴方も一度、ご自分の骨格、筋肉のバランスを見直してみませんか?
※このような姿勢・動作だと歪み易いという一例です。詳しくは御相談下さい。