1. ホーム
  2. SUP
  3. 危うく全てを失うところだった。

危うく全てを失うところだった。

世界を照らす「ホシモンドヘッド」こと、からだ工房HOPEホシノです。

10年以上続けられているモノって、皆さんはどれだけお持ちですか?

結婚生活、子育て、仕事、趣味などなどありますね。

わたしは小さな事ですが、仕事とサーフィン。

結婚はしておりすが、10年は経っていない。

仕事とサーフィンに関わる事ならどうやら続けて行けそうです。

そのサーフィンライフを危うく失う危機が訪れたのは、3月始め。

10年程前に始めたサーフィン、SUP(スタンドアップパドルサーフィン)にハマってしまいました。三十半ばから始めたサーフィンの技量はそこそこ、もっと上達しているはずだったのに。。。と思いつつ

正直もっと若い頃に始めていればと思うこともしばしば。

またその現実に直面するとは。

ここ数年スタンドアップパドルサーフィンを楽しんでいたわたしですが、一緒に楽しんでいた後輩くんが、ショートボードを一昨年辺りから始めたんだけど、メキメキ上達する訳よ。

スタンドアップパドルサーフィンは波にも乗れる様になったし、結構楽しめる技量にもなったから、お!と思い、僕もイケるかも⁈って私も昨年11月から始めたわけ。

今年のGW迄はスタンドアップはお休みして、サーフィンに集中!海仲間にも宣言し気合いも入れたんだよね。

イメージも出来てる!

後はボードを持って海へ行くだけ!

暖かくなる春には、シューって波に乗ってるイメージだったのよ。。。

颯爽と波に乗っていくサーファーを横目に、私もきっと行けると思い、波のコンディションが良い日もスタンドアップには乗らずに、サーフィンのパドリング練習。

あー波に乗りたいって欲も、今は我慢しろと言い聞かせて、11月から2月が終わる4ヶ月間頑張ったのよ。

しかし、もう我慢の限界と3月の初めのお休みに、どうしても波に乗った感じが得たくて、スタンドアップ登場。

波のコンディションはそこそこではあったが、久し振りに乗るスタンドアップ。

いざ海へ!

あれ⁈どうした⁈

バタン!バタン!海に落ちるし、波を捕まえても、上手く行かず。

もう!サーフィンは上手くならないし、スタンドアップパドルは下手になるし、散々だぜ!

そもそも体の持久力、柔軟性、俊敏性、バランス性とどれを取ってもセンスと才能が無いわたし。

根性論世代のわたし、気力という努力だけで頑張って来たわたしですが、今シーズンは、危うく全てを失うサーフィンライフになる所だった。

まぁスタンドアップパドルもサーフィンも、楽しさを追い求めて続けて行けそうです。

「楽しさ」って媚薬だね

楽しそうだと始めたサーフィン。

まだまだ楽しむのは早いと、海の神様に言われている次第です

失うモノなど無いと意気がっていた若造も五十を前にして、失いたくない人生が出来たようです。

トホホ。

藤枝市生涯学習センター

からだ工房HOPEOCAME
からだ工房HOPE(ホープ) 
(代表)星野 順一
426-0019 静岡県藤枝市天王町3-8-40
Tel:(054)644-4455
mail:info@kara-ho.com

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。