藤枝市・焼津市の整体院 からだ工房HOPEは、頭痛、肩こり、腰痛。体のクセをなおす整体院です

妊娠と産後の骨盤調整

産後の骨盤矯正、「効果」いつからいつまで?

妊娠中は、自分の身体とお腹の赤ちゃんを守るために、どんな女性でも脂肪がついてふっくらとしています。しかし、産後に体型が戻らずに悩むママはたくさんいます。特に母乳育児の影響で体重は元に戻っても、体型は戻らなかったというママがかなり多くいるといわれています。産後の体型変化には、骨盤の歪みが大いに関係しているため、産後の体型を戻すためにも骨盤矯正はいつからいつまでにすればいいのか、効果と方法のススメです。

妊娠中に歪んだ骨盤は、産後3~4ヶ月かけて左右交互に少しずつ縮みながら、ゆっくりと元の状態に戻ります。骨盤は正常な位置に戻ろうとしますが、妊娠中に体のバランスが崩れていると正常な位置に戻りづらくなります。

また、横座りや椅子での足組み、猫背、授乳中にずっとあぐらをかいているなどは体を歪める姿勢なので、産後3ヶ月頃までにこれらの姿勢をとっていると骨盤をさらに歪ませる原因になります。

産後の骨盤と体型

女性の骨盤は赤ちゃんを産むために出来ているため、男性よりも関節が柔軟で幅が広くやや低めに位置しています。

また骨盤は1日の間でも開閉していますが、妊娠中はさらにこの開閉幅が大きくなり、出産が近くなるにつれて開く幅が大きくなり、出産時にもっとも開く(緩む)こととなります。

産後、開いた骨盤は通常であれば閉じ妊娠前の状態に戻るのですが、骨盤の開閉がスムーズに行かない人の場合は産後、骨盤が閉じきらず、骨盤が開いたままの状態となってしまい、「慢性腰痛・冷え性・肥満・背中の痛み・バストダウン・O脚・顔のむくみ」などの症状が出やすくなってしまいます。

特に「大きな赤ちゃんを産んだ」「高齢出産」の場合は、骨盤が元に戻るのに時間がかかる、または戻りにくいといわれています。

そこで骨盤が開いたままの場合は、骨盤をより良い状態に戻すことが大切になってきます。骨盤の歪みがその後の生活に深く関わってきます。

 

妊娠期の整体について

安定期に入られた妊婦さんであれば、整体をお受け致しております。

妊娠は病気や怪我ではないです。
妊娠期による体の変化、これは男性には無い女性特有の変化で、特に骨盤の広がりは人間の成長率から言っても異例です。
その成長に母体がついて行こうとし、カラダがバランスを取ろうと無意識のうちにする当たり前の反応で意識的には、「腰の痛み、脚のむくみ、肩こり、首コリ」などの反応を引き起こし辛さとして本人は認識してしまいます。

体の状態などお話を聞きながらお腹を下にする事無く、安全に施術を行います。

妊娠期の体のストレスを解消しお産に臨む事が、ことが心のゆとりをもたらします。

 

産後の骨盤矯正はいつから?

骨盤を戻すのも大切ですが、妊娠、産後と体力を使い果たしたお母さんの体力が、十分回復する事も大切です。

その事から考えると産後の骨盤矯正は、目安として産後3か月からがいいでしょう。

産後から来る体の不調をこの機会に見直してはいかがでしょうか。

ご気軽にご相談下さい。

ご予約はこちらにお問い合わせください TEL 054-644-4455 完全予約制 受付時間9:30 - 20:00

ブログ ほしの の備忘録

PAGETOP
Copyright © 藤枝市 整体院 からだ工房HOPE All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.