世界を明るくする整体師 星モンドヘッド!

IMG_5357

からだ工房HOPE星野順一です。
カウンター10席一人で切り盛りする寿司屋の大将ととりとめもない会話の中で、この頃の若者も捨てたもんじゃないね〜ってはなし

 

 

寿司屋に上司の奢りで部下がついてくる。こんなシュチュエーションはよく耳にする。

 

その部下が数日空けて一人でひょっこり寿司屋に食べに来て、お酒も飲まず、大将の握る寿司を静かに一つまた一つ食べ、ようやく口を開いたと思ったら、

「ぼく、大将の握る寿司にとても感動しました」

「寿司屋になるにはどうすればいいですか?」

彼の年齢は21歳。

大将 独立して8年、はじめて俺の寿司で感動。。。びっくりしたよ!

でもそんなこと言われたら可愛いからさ

本当のことを伝えたよ

「この世界はあまかぁ〜ね〜よ」

「ただ本気でその道に進みたいなら東京銀座へ行け!」

「この辺りはろくな寿司屋はないから絶対銀座にいきな!」

「銀座へいって何軒か食べてこい!」

「それからまた相談にくれば話はするよ」

若者(Aくん)「はい、わかりました」

 

その後Aくん、会社は9月で退社すること決めて、休日になると銀座へ寿司を食べに行き、帰ってきては大将に相談しているみたいです。

 

 

8年やっててはじめてだべ〜

俺、うれしくなっちゃってさ!

 

大将の笑顔みればわかるよ

 

 

 

職人として認められた瞬間ってこんな時なのかもしれませんね

 

 

 

Rogo_0001-1
からだのクセをなおす整体院 からだ工房HOPE