からだ工房HOPE ほしの です

 

先日、ちょっと義理ごとがございまして、奥さん方の縁ある方達と食事をすることになったのですが、

そこで僕にとってはとっても苦痛を強いられる事件が起きたのです。

オジさんから実家にある柿の木に実があまり成らないから「にーさんに教えておくから、やってね」って?!

何をと思って話を聞いてみると、柿のみをならすには年に3回の防虫と肥料やりが欠かせないと言うのです。
俺はそうしてる!
だから家の柿の木には立派な実が付く!と豪語しておりました。

正直なるほど!と思いました。

僕が園芸に興味があるならば、それはありがたい話と思えるのですが、

わたくし全く興味なし!
そのオジさん、60過ぎ、大柄、声も大きく、いたって健康そうな方でした。

僕が整体師だときくと、あそこがここがとご自分のからだで気になることを聞いてきました

その方に聞いてみました。

僕「◯◯さんにとって柿の木って大事ですか?」

オジさん「そりゃ桃栗三年柿八年って言うくらい柿の木が実をつけるには時間と手間が必要なんだ!」

なるほど

お次は、

僕「奥さんは大事ですか?」って聞いてみた

オジさん「そりゃ〜大事だよ」

僕「手間がかかっていないと腰も曲がってきてますし、膝も痛そうにしてますよ」
「本当に大事なものってなんでしょうね』

笑顔で僕がこういうと

 

オジさん絶句

 

またお節介をしてしまった。。。(笑)

 

image-3

 

 

 

 

 

 

 

 

からだのクセをなおす整体院

からだ工房HOPE

 

技磨き、人磨き

開業塾「人技JINGI」